健康の基本「水昇火降」

こんにちは。

イルチブレインヨガ神戸新長田スタジオです。

お久しぶりに投稿します。

みなさんは健康ですか?

健康の原理に「水昇火降」というのがあります。

水のエネルギーは昇り、火のエネルギーは降りることです。

ふつう、水は上から下に流れます。

なのに水が上に上がれるのは、木が根から水を吸い上げて花を咲かせるように、強い生命力があるからです。

人の体の中で、水にあたる部分は腎臓です。

また、火を司る部分は心臓です。

水昇火降は、頭はひんやり、お腹は温かい状態のことです。

火のエネルギーが頭にあり、水のエネルギーがお腹にある、逆水昇火降の状態になると、エネルギーバランスが崩れ、内臓が詰まって循環できず、免疫力と自然治癒力が低下します。

競争社会で、利己心・うぬぼれにおぼれ、過去への執着や未来への恐怖から、不安や不満、緊張の中で生きていると、自己肯定感や希望がなくなり、人生の意味と価値を失って、体は水昇火降になれません。

水と火のエネルギーの中に生命と世の道理があります。

頭に熱が生じると手足は冷たくなり、心身のバランスが崩れ、意欲がなくなり考えが浅くなります。

怒りを抑えられず余裕がなくなり、正しく判断できなくなります。

家庭の調和が崩れ、社会は対立し、正義を語る人が正義を欠き、平和を語る団体が平和でないのも、人間性を欠き構造的に水昇火降ではないからです。

世界各地での異常気象の発生も地球が逆水昇火降の状態だからです。

地球の逆水昇火降の状態を正すには、人間が水昇火降を回復することです。

人間が水昇火降になると地球も水昇火降になります。

水のエネルギーバランスがいいと、木が花を咲かせ実がなるように、水昇火降で家庭と人類と地球が順機能して平和になります。

もっとも直接的な解決法は、エネルギー循環です。

水昇火降のためにあなたが熱心にトレーニングして健康になることを願っています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう