「肩こりがひどいから、週に1回、月に4回くらいは、整体に通っていました。
だから、少ない小遣いから1万円の枠を必ず取ってました。
どちらも痛かった( ; ; )」

 

仕事のストレスや度重なる残業が原因で、Aさんの身体はボロボロになり、

医師から、このままでは死ぬと診断を受けたのをきっかけに、
イルチブレインヨガの門を叩き、体験に行ったと話すのは、私の先輩Aさんです。

 

今日は、A先輩のストーリーを紹介したいと思います。

現在A先輩はトレーナーになり指導しています。

 

A先輩が初めてイルチブレインヨガを体験したら、

腸運動一回目で肩に激痛が走り、
二回目で目まいがして倒れたといいます。

 

体の中を気が流れていますが、
凝り固まった肩や、頭で気が停滞し、

上記のような症状が出たのだと話します。

 

イルチブレインヨガでは、
普通、70分で構成されたトレーニングプログラムを実施しますが、
当時A先輩はそれが出来る状態になく、

約一ヶ月間、スタジオの隅でマットの上に横たわり、ひたすら腸運動をしたと話します。

 

しかし気がつけば、
あれだけ苦しめていた肩こりがなくなり、
さらに懐まで温かくなりました。

 

日本では昔から健康の秘訣を頭寒足熱と言い、

 

「お腹を冷やさないように」とか、

気が頭に上がり、怒りの感情で冷静さを失った場合には、「頭を冷やしなさい」などと言われてきた。

 

気の流れが円滑なことを頭寒足熱といい、この時、体は健康です。

 

ほとんどの病気の原因は気の滞りが原因で起こる症状と言われ

肩こりもまた同じです。

 

1ヶ月間の腸運動で15年間苦しめられてきた肩こりがなくなったA先輩は、

イルチブレインヨガのトレーニングに感動し、
今では多くの人に体の健康と幸せを届けています。