人間社会を生きるうえで、
人間関係、コミュニケーションで悩むことがあると思います。

 

上司・部下との人間関係、親との人間関係、子どもとの人間関係、
夫婦の人間関係などです。

 

そこでコミュニケーションが苦手な方は
人生の息苦しささえ感じた経験があると思います。

 

 

こんな時は、相手を理解することに努めることをオススメします。

 

 

例えば、相手が自分に伝えたいことを再確認するようにします。
「あなたが、私に伝えたいことは○○ですか?」のように。

 

 

コミュニケーションがうまくとれてない時は、
たいてい、お互いの言葉や気持ち、考えを理解しようとしておらず、
話がかみあいません。

 

そして、理解しようとするより
一方的に自分を主張して、理解してもらおうとしています。

 

 

ぶつかった時こそ、このことを思い出して
パートナーを理解することに努めることをオススメします。

 

 

ちなみに、今日わたしも
「なかなか話が伝わらないなー」
と思い、自分を振り返ってみると

 

こんなこと分かって当然だと思いこみ、
理解できない人の気持ちを理解せずに、説明が粗くなっていました。

 

 

愛=理解
という言葉があるように

 

なぜそんなことするの?
なぜこうしてくれないの?
なぜそんな言い方をするの?

 

と思った時は、
「あ、この人は少し疲れてるのかな・・・
お腹が空いたのかな・・・」

 

など、理解に努めるようにすることをお勧めします。
何か事情があってそうしているのかもしれません。